生物学的な

どうしてそんなふうになってしまうのか、その原因はわからない。古今東西の賢人たちが何千年もそのことを論じてきたが、いまのところ真実は突き止められていない。
生物学的な物質の影響もあるかもしれないし、人間の文化が生み出した何かだという事も考えられる。
けれど、一言で「恋」の理由を説明できる解答は今のところつかっていない。
この際だから、もう少し「恋」のフツーじゃない面を見ていこう。ここを読んで理解したらここ→安心 出会系 で素敵なパートナーを探しましょう。

頭の中のかなりのパーセンテージを彼女が占めてしまうのだから、困ったものだろう。それは本人にとってはとても切実なことだけど、第三者から見たら、「なんでオマェ、あのじゃがいもにそんなにこだわってるの!?」という都新でしかない。「恋」ははたから見たらこっけいだ。平常時なら、一日の頭の中の思考の割合を表す円グラフは、家族のこと、学校のこと、友だちのこと、趣味のこと、将来のこと・とそれなりにバランスよく配分されているものだが、「恋心」が高まってくると、彼女のことだけが突出して他を圧倒してしまう。それは健全な日常生活を送るには、あまりにも正気を欠いた総態だろう。物事の優先順位が、とにかく彼女がいちばんで、あとのことがないがしろになってしまう。そういうときは往々にして、学業はおろそかになるし、大人だと仕事ではミスが多くなるし、他の人間関係についても注028意力が散漫になる。違うかい?